3つの買取方法のメリット・デメリット

映画やドラマ、アニメ、舞台などのDVDが自宅にたくさんあるけれども、もう見ないので処分したいという人なら、DVD買取店に売ってしまいましょう。
ただし買取の方法には主に3つあり、それぞれにメリットとデメリットが存在する点に注意が必要です。

店頭買取のメリット・デメリット

まずひとつ目の方法は、店頭買取です。
これは売りたいDVDを買取店に持ち込んで、その場で査定および買取をしてもらうというものです。
メリットとして、すぐに買い取ってもらえるので面倒がない点や早く現金が欲しいという人に向いています。
一方近くに店舗がなければ利用が難しい点や買取してもらう数が多ければ持ち運びが大変なこと、営業時間が限られているので忙しくてその時間内に訪れることができないければ利用は不可能といった点がデメリットとなります。

出張買取のメリット・デメリット

ふたつ目が、お店から自宅に来て査定・買取を行う出張買取です。
買取店から派遣されたスタッフが自宅までやって来て、DVDの査定したうえで買取まで行なってくれます。
わざわざ店舗に出向く必要はありませんし、重い荷物を運ばなくていいのはメリットです。
自宅の玄関先で査定と買い取りを行ない、その場で支払いも済ませてくれます。
デメリットとしては、出張買取対応エリア以外は利用できない点や訪問してもらう日時を調整しなければならず、あまり遅い時間などには対応してもらえない場合もある点が挙げられます。

宅配買取のメリット・デメリット

三つ目が、買取店に宅配便でDVDを送る宅配買取です。
DVDを段ボールなどに梱包して買取店の指定する発送業者に渡せば査定のうえ買取をしてもらえるので近くに店舗がなくても利用できますし、買取対応エリアというものも存在しません。
ただ、品物を送って査定を行ない、買取、そして代金の支払いという流れなので、実際に手元にお金が入るまで1週間程度時間が掛かる点をデメリットと感じる人もいるかもしれませんね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です