業者からの支払い方法には2つある

映画やアニメ、ドラマ、舞台などのDVDをコレクションしている人も少なくないかと思います。
でも、その中から何度も見返すような作品は?といえばさほど数はなく、ほとんどがもう見ないという人もいるでしょう。
それなら、業者に買取してもらうことをおすすめします。

見ないDVDは売ってしまおう

ジャンルや状態にもよりますが、DVDの買取価格の平均は1枚100〜300円程度なのでさほど高いとはいえません。
けれども、まったく見ないでほったらかしになっているより多少でもお金になるほうがいいではありませんか。
そのお金で新しいDVDを購入して楽しむほうがよほど好ましいと思いますよ。
業者に買取してもらった際の支払い方法は大きく2つに分けられるので、それぞれについて紹介しておきましょう。

現金での受け取り

まず、現金での受け取りです。
現金での受け取りもいくつかの方法に分類でき、そのひとつが「手渡し」です。
この方法でやりとりできるのは、店頭買取あるいは出張買取のいずれかです。
手渡しでもらい場合のメリットは、現金がすぐに手に入る点で、特にすぐにでも現金が必要な人には非常にありがたいかと思います。
デメリットとしては、店頭買取の場合には店舗まで品物を持って行かなければならない点、出張買取ならお店から自宅に来てもらうためのスケジュール調整をしなければならない点があります。
現金でのやりとりで一般的なのは銀行振り込みですが、入金まで時間が掛かることや業者によってはこちらが振込手数料を負担しなければならない場合もあります。

ポイントでの受け取り

もうひとつの支払い方法が「ポイント」によるものです。
その業者での次回の買い物の際や特定のサイト内での買い物のときの支払いに利用できるポイントで買取価格分を支払ってくれるというものです。
現金での支払いより高めの査定になるケースが多いのはメリットですが、その業者や関連サイトで買い物をしないのであればメリットとはいえないでしょう。
また、ポイントに有効期限があるのもデメリットといえるかもしれません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です